持続可能な生産体制

backroom 

つくる責任、つくった責任

 

便利で快適な暮らしを与えてきた、大量生産、大量消費の時代は終わりを迎えようとしています。

 

僕たちの生産する製品は環境に配慮した素材とリサイクル、リユース可能な素材を可能な限り使用し生産するつもりです。

 

また、つくった責任として製品回収を積極的に行い、ごみ削減に取り組みたいです。

 

そして回収された製品は、リユースさせることで循環型社会を目指したいと考えています。