iPadを美しく持ち運ぶ

amity_sensei
EDITOR'S BAG FOR IPAD

iPadの使い方を日々発信するamity_senseiがiPad(11inch相当)を美しく持ち運ぶためにエレガントな専用バッグを制作。

一般発売 2022年10月25日(火)
※早期予約分は完売致しました

EDITORS BAG STORY

amity_senseiのこだわり

今までiPadを持ち運ぶアイテムは機能に特化したモノが多く、どこか無骨でギア感が強いアイテムが多かった。機能的で安全だけどミニマルかつスタイリッシュにiPadを持ち運びたい。

そんなバッグを日本トップクラスのiPad YouTuberのamity_senseiが「もし自分ならこんなバッグを持ちたい」という想いで徹底的に見た目にこだわったiPad端末を美しく持ち運ぶためのバッグを約1年の歳月をかけて作りました。

美しいスタイル

ベルト部分は柔らかく、本体は自立する適度な固さです。柔らかさと固さを両立させたユニークなデザインです。また大き過ぎず、小さ過ぎず、iPadをミニマルに持ち運ぶことに徹底的にこだわった絶妙なサイズにデザインしました。

個性的に

editor's bagにはスカーフループがデザインされています。amity_senseiのこだわりポイントで持つ人の個性を引き出せるようになっています。

整理整頓

保護性のあるiPad専用のポケット、Apple Pencil用のペンホルダー、iPhone用のポケットが内部にデザインされ、安全かつ気持ちよく持ち運ぶことが可能です。

信頼の生産工場
ファッションバッグに特化したメーカー

editor's bagはスタイリッシュな外観デザインにこだわったデザインです。フェミニンなカーブの形状に手に馴染む柔らかさ。同時にiPadを収納しやすい自立する固さを兼ね備えています。

世界的に有名なファッションバッグも取り扱う中国の縫製メーカーさんに依頼し生産することが可能となりました。

副資材

全ての素材を環境対応することは困難ですがbackroomが生産するアイテムの副資材は環境に配慮したモノを使用しています。未利用資源で作られたタグ、自然の力で水とCO2に分解されるロックスピン等が使われています。

永久保証

長年お使いいただけるように堅牢な作りとなっています。しかし製品に何か不具合があった場合は、backroomにご連絡ください。何度でも無料で修理いたします。(※基本使用方法以外の使い方をした場合を除く)保証についてはこちらをご覧ください

backroomとは

クリエイターのKUROKOのような存在backroomはクリエイターの欲しいを叶えるモノづくりをします。クリエイターとファンがアイテムを通じて、新たな価値観を共有するのを実現化させるために生まれたスタートアップのチームです。

iPad YouTuber/アートディレクター

iPadのクリエイティブな使い方をYouTubeで紹介し、チャンネル登録者は32万人を超える。「iPadやデジタルアートの面白さを世界に伝えたい」「絵心がない人でもiPadを使えば絵が描けることを知って欲しい」という想いで活動を続け、Adobe MAXやAppleイベントなどの出演し、京都芸術大学の講師としても活動している。

現在は、日本初の小学生向けクリエイティブスクール「iPadmatekids」を2022年1月に立ち上げ、未来のクリエイターを育てる活動も行なっている。https://kids.ipadmate.jp/

また、昨今話題のNFTにも積極的にチャレンジしており、2022年7月にNFTコレクション「iPadmate」をリリースし、活動の幅を広げている。
https://nft.ipadmate.jp/

著書
iPadクリエイティブillustrator for iPadクリエイティブブックiPadで描こう!Procreateイラストテクニック