第17回 一人を追及することが全てにつながる

こんにちは。

陽が落ちる時間が遅くなり、日々嬉しさを感じるbackroomのKeiIです。


先週も協力クリエイターさんとの創作アイテムについてミーティングを弊社で行いました。


どの方も、お会いできる機会が本当に限られているので、来ていただいて本当にありがたいです。


その貴重な機会を使って、最終調整に望んだのですが…。


最終調整とならず

僕たちとしてはクリエイターさんに渡していたサンプルが最高のデキだったので、最終確認のつもりでした。


しかし実際にクリエイターさんに使ってもらってた所、ちょっとした部分が使いにくいとのこと。


すごく微妙な部分ではありました。


通常であればここで妥協するのですが、ここで再度クリエイターさんの意見を尊重して、調整する判断をしました。


より良いモノを作るために僕たちは妥協はしません。


常に創意工夫をしている

今回ミーティングしたクリエイターさんは常に創意工夫しています。


「こうしたら便利なのに」


「この組み合わせならやりたいことが実現できる」


自分で考え工夫したことを、いつも発信されています。


彼はより良くなるアイテムを常に探しています。



見たことも聞いたこともないけど、あったらすっごく便利。


そんなアイテムを探すサーチ能力がずば抜けており、いつも我々を驚かせてくれます。



だからこそ良い意見が出る

色々と知っている彼だから、無いモノもわかります。


『コレがあったらとても便利なのに、世の中には存在しない』


そんなモノがあったので、僕たち(backroom)と一緒に作ることになりました。


歯に衣着せぬ物言いをする人なので、妥協なく意見を言ってくれます。


一人の意見をとことん叶えるモノづくりは、たくさんの人を救うモノづくりに成り得る。


このやり取りこそが、本当に使う人のためのモノづくりで、ベネフィットを自動生成するシステムだと考えています。



貴重な時間を僕たちと共有してくれたのだから、彼の期待に応える製品を作りたい。


その一心でこれから試作を即座にやり直します。


本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Leave a Message

公開する前に承認する必要があります

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。